NEC製ポスレジシステムのリース
今ならPOS・レジの購入に1台あたり最大40万円の補助金が受けられます

軽減税率とは

軽減税率とは、特定の商品の税率を標準より低く抑えることで、日本では平成31年10月の消費税引き上げに合わせて始まる予定です。

酒類・外食を除く飲食料品、定期購読の契約をした週2回以上発行される新聞が対象となります。

対象となる事業者様

お取扱商品に軽減税率対象品目(8%対象品目)がある事業者様

食料品・テイクアウトなどは軽減税率8%、店内での飲食などは標準税率10%

中小企業支援法第2条第1項第1号~第2号に規定される事業者様

資本金額・出資総額 従業員数
卸売業 1億円以下 または 100人以下
小売業(飲食業含む) 5千万円以下 または 50人以下
サービス業 5千万円以下 または 100人以下

交付される補助金額

複数税率対応のレジスターやPOS・レジ(付属機器含む)を導入する場合、1台あたり購入金額の2/3(上限20万円)および導入経費の2/3(上限20万円)が補助金として交付されます。

補助金の上限額は1事業者あたり200万円です。

詳しくは、中小企業庁「軽減税率対策補助金事務局」のwebサイトもご覧ください。

詳しい条件についてはお問い合わせください

お問い合わせ画面へ進む
0120-100-957

TWINPOSシリーズ・ラインナップ

TWINPOSS5500Ui
TWINPOSS5500Ci
TWINPOSS5500Pi
SHOP CRAID
Pocket@i EX
Food Frontia

多彩なオプション

TWINPOSSシリーズのオプション。キャッシュドロワ・小型キャッシュドロア・IDカードリーダ・ピンパッド・verticalキーボード・バーコードスキャナ・レシートプリンタ・TWINPOSS CARGO


免税対応

免税対応POS 面倒な免税処理を自動化。一般物品・消耗品を自動判別、パスポートを読み込ませるだけで明細を印刷。

デジタルサイネージ連携

サイネージ連携 売り上げランキングを窓に投影したり、チケットの残り枚数を大画面に表示させたり、在庫や売上などと連携して、リアルタイムな情報を発信することができます。

独自システム開発

独自システム開発 拡張性の高いポスレジシステムですので、追加の機能を独自にカスタマイズ・運用することが容易にできます。

納品までの流れ

1.ヒアリング・打ち合わせ・詳細仕様決定

1.仕様決定
まずはお話をお聞かせください。
お客様の業種・業態、実務の流れ、収集したい情報、具体的な設置台数や場所などをお聞きし、 ご要望に沿った機種や機能・オプションなどをご提案致し、機種の選定や仕様の決定をします。
当社は、お客様に商品を長く安心して使っていただくために、このフェーズにじっくり時間をかけさせていただきます。

2.お見積り・与信審査

2.お見積り
機種の詳細な仕様を決定しましたら、詳細なお見積りをお出しいたします。
またリースをご希望の場合はリース会社に与信審査を依頼させていただきます。

3.ご納品・アフターフォロー

3.ご納品
納品・設置・設定・稼働テストを致します。また安心してお使いいただけるようサポート致します。

まずはお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ画面へ進む
0120-100-957