Vectorworks 2018 サイトプロテクションネットワーク版

Vectorworks 2018 サイトプロテクションネットワーク版
ライセンス管理を一台のサーバーで行える。
リース月額 キャンペーン中 現金販売価格 お気軽にお問い合わせください


Vectorworks 2018の主な特長

1.設計環境の強化

画面を分割するマルチビュー機能により、複数視点での同時表示・編集を実現 辺の追加・削除、新しいブリッジモードなど、サブディビジョンサーフェス編集機能の強化 各種リソースの検索、編集が容易になる、リソースマネージャの強化

2.Renderworksエンジンのアップグレード

インタラクティブ表示が可能な、360度のパノラマレンダリング取り出し 新しく搭載された布シェーダ、ヘアライン設定が改善されたメタルシェーダにより、レンダリング品質が向上 写真に合成しやすい陰影を取り出すことができる、シャドウキャッチャー機能の搭載 高品質な立体感を素早くレンダリングできる、パララックスバンプ設定の搭載

3.BIM・建築設計機能の拡張

スタイル割り当てされた壁の構成要素の高さ変更など、壁オブジェクトの改良 平面や断面での構成要素同士の表示改善による、図面表現の高品質化 断面ビューポートの表示状態を維持したままの編集を実現し、より精確な図面作成が可能 図面枠ツールの刷新による、詳細な図面情報の定義、変更ができる機能拡張 Revitデータを Vectorworksオブジェクトに変換して、テクスチャとともに取り込みが可能

※特別の表記が無い限り価格は税抜です。

ページトップへ