Vectorworksについて調べていると、『Vectorworks 2017 with Renderworks』が販売されていないことに気付きます。
『Vectorworks 2017 with Renderworks』はないのでしょうか?
 
答えは、『ありません』
 
ご存知の方も多いと思いますが、ちょっと前まで、『Vectorworks 2015』まではレンダリング機能はオプションでした。
そのためレンダリング機能がない『Vectorworks 2015』とレンダリング機能付きの『Vectorworks 2015 with Renderworks』がそれぞれ販売されていましたが、
『Vectorworks 2016』からはレンダリング機能が標準搭載になり、商品名は『Vectorworks 2016 with Renderworks』となりました。
そして『Vectorworks 2017』からは『with Renderworks』が省略されました。レンダリング機能自体は標準搭載されています。
 
そういった歴史的な経緯から、
『Vectorworks 2017』はレンダリング機能標準搭載でありながら名前には『with Renderworks』が付いていないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です