Vectorworksには、スタンドアロン版とサイトプロテクションネットワーク版があります。
それぞれの違いを簡単にご説明します。
 
 

スタンドアロン版について

スタンドアロン版は『通常版』と考えて差し支えないと思います。
ケースの中にCDなどのディスクがあって、それをPCに入れてソフトウェアをインストールします。
Vectorworks2017の場合は一つのディスクにつきインストールはPC2台まで、
同時起動は1台となっております。2台インストール済みでも、アンインストールすれば3台目のPCにインストールできます。
※動作環境:メーカー公式サイト
 
 

サイトプロテクションネットワーク版について

サイトプロテクションネットワーク版はライセンスの管理に特徴があります。
その他のCADの機能についてはスタンドアロン版と違いはありません。
異なる点は、インストール台数が無制限、同時起動できるPCはライセンス数までという点です。
ライセンスの管理にはそれ用にPCを一台用意する必要があります。
ソフトウェアをインストール・使用するためにはライセンス管理用PCと常に接続されていなければなりませんが、
持ち出し機能があり30日間はオフラインでも使用できます。
詳細につきましてはメーカー公式サイトをご参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です